サロンなどの機関で未成年だと断られることってある?【Q&A】


HOME | 脱毛に関するQ&A | 未成年でもサロンの施術を受けられる?


 
小さいお子さんに将来ムダ毛で悲しい思いをしてほしくない…と親御さんが思う方も少なくないですよね。なるべくなら脱毛器ではなくてプロにお願いしてサロンで脱毛をさせてあげたい!という方などへ参考になれば幸いです。
 

◆未成年でも施術は可能か・不可能か

基本的に、未成年でもサロンや医療機関での脱毛は可能 です。

施術自体は親権者の同意さえあれば、何歳からでも受けることができます
例えば小学生のお子様で、「いじめられるから」という理由で眉間の脱毛を施された親御さんもいらっしゃったそうです。
同じく小学生で、バレエや水泳などの習い事のため、手足、背中が綺麗に見えるようにと、子供用のサロン脱毛、医療レーザー脱毛に連れて行かれたというご家庭もあります。

未成年で脱毛をお考えの方へ

未成年が脱毛するなら高校生からがベター
ただ、個人差はありますが、未成年の場合は身長が変動しなくなる高校生になってからがお勧めです。ホルモンバランスが整っていない時期に脱毛しても、その後のホルモンの変化によって毛根が再生して再び毛が生えてきたり、体の成長に応じて以前より濃く生えてくることもあるからです。また、脱毛自体の痛みや、脱毛に通う時間的拘束などがストレスになることもあるので、挫折してしまう可能性もあります。

そうした事情から、未成年の脱毛は15〜16歳からを推奨しているサロンやクリニックが多いようです。年齢制限が明記されていないサロンやクリニックであっても、そうした事情から、高校生未満のお子様の場合はやんわり断られることもあるかもしれません。

高校生ともなれば、多くの場合は脱毛の前に、まず自己処理からはじめることが多いと思います。しかし、ムダ毛のことは人に相談しづらいことでもあり、間違った方法でトラブルを起こすことも多々有りますので、あまりに肌に負担になっていたり、本人の苦痛が強い場合は、脱毛を検討されても良いかもしれませんね。

また、女子高生は同調意識や競争心も強く現れる傾向があるため、「XXちゃんも行っているし私も」とか、「あの子より綺麗になりたい」という感覚で行きたいと思われることもあるでしょう。

いずれにしても、未成年者の場合は、まずは自分でよく調べてみて、その上で保護者に相談することが先決ですね。

未成年の方はまず保護者へ

そこまで毛深くないのに脱毛に固執する場合、脱毛というより、精神面でサポートを必要としている可能性もあります。その場合は、脱毛したいという思いの下に、どのような気持ちが隠れているのか、振り返ってみるのもよいでしょう。様々なリスクもあることですので、相談を受けた保護者も担当する施術者も、本当に他に選択肢がないか一緒に考えてあげられるとベストです。

電車や駅構内など、通学途中にそこかしこに脱毛サロン広告があり、未成年の目にも触れています。数百円〜数千円で脱毛が受けられるなど、驚くほどの低価格の広告が目を引きますよね。

当然、それにはサロンの経営戦略があるのですが、特に女子学生にとっては、料金への心理的ハードルが低くなり、脱毛に興味をもったり、それによって、誤った自己処理を卒業するきっかけにもなるようです。

ただし、繰り返しますが、未成年の間は親権者の同意が必須ですので、指定されたフォーマット(書類)に必要事項を記入してもらい、必ず一緒に相談に行きましょう。

疾患がある場合は担当医に確認を

また、これは未成年に限りませんが、なんらかの疾患がある場合は、脱毛の施術やケアが負担となり、増悪のきっかけになることもありますので、通院している、あるいはしていた未成年者が脱毛を希望している場合は、まずは担当医にその旨相談しましょう。許可をもらえたら、診断書を書いてもらって脱毛を受けたいサロンや医療期間に持参してください。