脱毛をするとニキビができにくくなるって本当?!【Q&A】


HOME | 脱毛に関するQ&A | 脱毛するとニキビができにくくなる…?


 
脱毛をするとニキビができなくなるという噂って本当?!そう言われている理由から気になる情報の謎に迫ってみたいと思います!脱毛のついでにニキビも改善されるなんて一石二鳥ですよね!是非参考にしてみてください♪
 

ニキビの原因

ニキビは、医学的には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と呼ばれる皮膚疾患です。主な原因となるものは、次の4つです。
 

• 男性ホルモンの分泌
• 毛穴の詰まり(厚くなった角層)
• 皮脂の分泌な過剰
• ニキビ原因菌(アクネ菌、マラセチア菌)の増殖

 

この4つが複合的に作用し、ニキビが発生します。
男性ホルモンは、角栓の元となる肌の「角質」を増やす作用を持ち、皮脂の分泌を促進する性質を持っています。

女性でも男性ホルモンは分泌されており、ストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが優位になってしまうことがあります。そうなると、男性ホルモンの作用によって角層が厚くなり、角栓によって毛穴が塞がれ、毛穴の中では皮脂分泌も促進されるため、どんどん皮脂が溜まる環境が出来上がります。

これがニキビの前段階で、刻一刻とニキビが出来ようとしている状態です。
また、人間の体には、常在菌と言われる細菌(微生物)が住み着いています。菌の種類によって場所ははっきり住み分けられていますが、この菌のバランスが健康を保つためには欠かせませんが、菌の増殖が過剰になったり過小になるなどバランスを崩すと、様々な不具合を引き起こします。
ニキビに関していうと、皮膚の常在菌であるアクネ菌(顔に分布)、マラセチア菌(体に分布)のバランスが関与しています。

これらのニキビ原因菌は、「嫌気性細菌」と言って、空気に触れると増殖できない性質を持ちます。ところが、男性ホルモンの分泌過剰によって角栓ができ毛穴が塞がれてしまうと、ニキビ原因菌にとっては、嫌いな空気のない快適な空間ができてしまいます。
しかも、毛穴の中は皮脂が溜まりつづけている状態です。実はニキビ原因菌の大好物はこの皮脂。菌にとっては「快適な部屋で食べ物も豊富」という最高の条件が揃います。

こうなると、ニキビ原因菌はどんどん増殖して炎症を起こし、ついに「ニキビ」誕生となります。見た目も赤く、ポツッと盛り上がり、押すとわずかに痛みを感じる状態です。さらにひどくなると、化膿したり痕になることもありますので、早い時点で原因を取り除く必要があります。

◆脱毛がニキビをできにくくする仕組み

ニキビができてしまう原因は上記で説明したような感じですが、本題の脱毛器でニキビ予防をすることが可能なのか?
 
それはずばり、
 
可能です!


 
 
さて、ではニキビに対し、脱毛はどのように関与するのでしょうか。

脱毛で毛が抜けると、毛に絡み付いていた皮脂や汚れも毛穴から一緒に取り除かれていきます。これによって、ニキビ原因菌の増殖する原因である詰まりと皮脂が軽減されます。

また、毛がなくなったり、細くなっていくことで、毛穴の開閉もスムーズになり、肌の防御機能も向上し常在菌のバランスも保ちやすくなります。さらに、肌の正常な機能を低下させるような自己処理の機会も減るので、その分角化や乾燥、毛穴への負担などもなくなりますその結果、ニキビができにくくなるのですね。

もちろん、すべての人に効果があるというわけではありませんが、以上のように、脱毛するとニキビができにくい肌環境となり、肌の基礎力が回復、あるいは向上するなど、脱毛には嬉しいメリットがあるのです。

挫折しそうになったときは、ぜひこのような脱毛の利点を思い出し、頑張りましょう。