家庭用脱毛器で多く出回っている種類は大きく分けて3種類あります。

・フラッシュ脱毛器
・レーザー脱毛器
・サーミコン式(熱線式)の除毛器

どの脱毛器にもメリットがあります。
ですが同時にそれぞれの脱毛器に注意しなけばいけないことも存在します。こちらでは、各脱毛器の注意点をまとめてみました。
 

【カートリッジの寿命】に注意!

家庭用脱毛器でこのタイプを購入したと言う人も多いと思います。
ケノンなどは家庭用フラッシュ脱毛器の代表格と言っても良いでしょう。
使うことできれいに仕上がり脱毛効果も実感できます。
フラッシュ脱毛器を購入する時の注意点としては、まず、本体価格が他の脱毛器と比べると高いです。
そしてカートリッジは消耗品 になりますので、必ずカートリッジの寿命を確認してから購入をしましょう。 
コチラでは詳しいコスパや脱毛器の寿命についてを掲載しています。

本体価格が比較的安い脱毛器はカートリッジの使用可能回数が少ない事が多いです。
少ない機種だと1000発以下のものもあります。
一方、ケノンの場合、本体価格が高いけどカートリッジの使用回数が最大13万発と多いので長い目で見るとコスト的にケノンを選ぶと言う人もいます。
本体価格、そしてカートリッジの使用回数を比較して選ぶようにしましょう。

◆【照射範囲】に注意!

フラッシュ脱毛器よりレーザーのほうが効果が現れやすいということで購入する人は多いです。
仕上がりの効果もあるので根強い人気があるのですが、効果がある分、痛みを感じやすい と言う人が多いのと、 照射範囲が狭い ことが注意点です。
1cm×1cmなのでかなり回数を多めに照射する必要がありますし、時間がかかると言う点があります。
また、レーザー脱毛器で人気があるのがトリアですが、デザインの設計上、長時間手に持って処理すると腕が疲れてしまいます(+_+)

【サーミコン式脱毛器】に注意!

サーミコン式と言えばノーノーヘア辺りが有名です。脱毛器と公式では謳っているところもありますが、実際は脱毛器のような役割は果たしてくれません 
サーミコン式という物は、熱の力を利用してムダ毛を焼くような感じで処理していきます。 
なので処理をすることによって毛が焼けるようなにおいがすると言う特徴があります。 
実際に利用した事がある人の口コミで多いのが、肌が火傷をしたみたいになってしまった。ということです。 
また、掃除などのお手入れも面倒だと言う口コミも多いので、これらの点を踏まえても「満足のできる脱毛器」とは言えず、ネットの口コミでもお勧めはされていません。 
もう1つの欠点が、このタイプだと表面上の毛を処理をしていくだけですので、徐々に毛が薄くなっていくわけではありません。 
薄くなっているように見えるだけなんです。 
毛が濃くなってしまっているように見えるのは、【毛先の形】が大きく関わってきます。 
毛の太さは、根本ほど太く、毛先ほど細くなっていますよね。 
-----------------------------------
 
毛を真横から見て、通常がこの状態だとします。


 
(通常時イメージ画像)


 
それをカミソリで剃ってみましょう。
 

毛が太い毛根辺りでスパッと真っ直ぐに切れるので、毛先が上から見ると↓のような玉のような形になり、それが密集すると毛が濃く、剃る前よりも毛の量が多く見えてしまいます。  
 

(カミソリ処理時上からドアップ(イメージ))
 

それでは、 熱線式脱毛器毛を剃るとどうなるでしょう…?

熱で毛を焼き切るので、毛が千切れたような形 になり毛先が細くなります。  
 

(熱線式脱毛器上からドアップ(イメージ))
 

 
 
そのため、熱線式で処理をすると「毛が薄くなってきている」ような気がします。
ですが実際は毛がなくなってきているわけではありませんので購入を検討されている方はご注意ください。

まとめ

脱毛したいという範囲が広い人は回数や照射面積なども考えるとフラッシュ脱毛器を選ぶのがおすすめです。
範囲が少ないと言う人、痛くてもいいから効果優先、と言う人はレーザーの選択肢もありです。
サーミコンの場合は急いで処理をしたい人、携帯性に優れているので旅先などで緊急的に使うのに良いかもしれません。