埋没毛の正体とは?脱毛器で埋もれ毛のケアができる?!【Q&A】


HOME | 脱毛に関するQ&A | 埋もれ毛の原因/脱毛器の意外な活用方


 
無駄毛の処理で起こりやすいトラブルの一つとして知られる「埋もれ毛」
脱毛器を使用して処理をした場合でも、埋もれ毛はできてしまうのでしょうか?皆さんがお悩みの「埋もれ毛」その原因って意外なものでした。

◆埋もれ毛の正体とは…?

埋もれ毛とは、埋没毛とも呼ばれる、皮膚の下に埋もれてしまっている毛のことを言います。 
皮膚の下でグルグルと、とぐろを巻いたような毛です。 


こちらの画像が、埋没毛そのものです。これは実際に私の脚に出来てしまっている、悲惨な埋もれ毛の数々。 
数えるとキリがないくらい毛が埋もれてしまっています。 

その唯一の原因といえば…

◆埋もれ毛になってしまう原因

毛を引っ張って抜くといった刺激の強い処理方法
カミソリで処理をしている時はほとんど目にしたことはなかったのですが、毛抜きで抜くようになってからこのような毛が目立ち始めました。
黒い点々が脚にできてしまいとっても汚く見えてしまうんです。

カミソリの場合は、できるだけ根本から剃ろうとして深剃りをした時や逆剃りをした時に起こりやすくなります。
毛穴に負担をかける処理をすることで毛穴周辺の皮膚を一緒に傷つけてしまい、皮膚は傷ついた部分の修復を図ろうとし、毛穴の上に薄いカサブタを作ってしまいます。
そこで毛が皮膚の表面に出てくることができなくなり、皮膚の下に埋もれ、とぐろを巻いたようになってしまうのです。

毛を引っ張って抜く場合の方法としては、毛抜きで抜く方法や、引っ張って抜くローラー式脱毛器を使う方法がありますが、
毛を抜くときに毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまったり、抜く途中で毛が切れてしまい、毛の切断面が毛穴周囲の皮膚を刺激したりすることが埋もれ毛の大きな原因です。

◆脱毛器で埋もれ毛のケアができる?

埋没毛ができると、毛穴が埋もれた毛で黒く見え、また、触った時にもザラザラとしてしまい、カミソリで剃る方法で処理をする際には綺麗に剃れなかったりします。

ですが、フラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器は、この埋もれ毛までケアすることが可能 だということなんです。
使い方は、普通のムダ毛処理のやり方と同じで、埋もれ毛になってしまった部分を照射するだけです。
1回ではなかなかケアできませんが、回数を重ねると薄くなっていくのを実感できると思います。
しかし、たくさんの脱毛器がある中であまり信頼性のない脱毛器を選んで使ってしまうと、逆に肌を傷めてしまい埋もれ毛が増発してしまう恐れもあるため脱毛器選びは慎重に行いましょう( ;∀;)

何故?!脱毛器で埋もれ毛がケアできる理由

普通に生えている毛は普通、放っておくと抜け落ちて、また新たに生えてきますよね。
でも、埋もれ毛は放っておいたら自然に抜けるのではなく、寿命を迎えると皮膚の中で分解された後、最終的には皮膚の中で吸収されてしまいます。
フラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器は、分解を助け、埋もれ毛の寿命を短くするのに役立つんです。

こんな埋もれ毛ケアをしてはダメ!絶対!

無理やりに、埋もれた毛を皮膚の表面に引っ張りだしたりすることは、絶対してはいけないケア方法です!
埋もれ毛ができてしまっても絶対に避けて欲しいのが、埋もれてしまった毛を無理にでも引っ張り出せばまた正常に生えてきてくれるよね~という考えで皮膚の表面に引っ張りだすことです。
更に傷をつける原因になるので悪化する恐れがあるだけでなく、傷が付いた部分に脱毛器で照射すると火傷の恐れまであるのです。
危険なので、おやめくださいね!

と言っている私自信が実はこの方法をこの前までやってしまっていたのですが。毛が埋もれているのが気になって気になって、ピンセットで無理やり外に引っ張り出してしまっていました。それで埋没毛が直るわけではありませんでしたので皆さんはこのようなケアは決してしないでくださいね(;_;)